感動

ずいぶんご無沙汰になってしまいました。
気付けばもう9月。
8月はいずこへ…?

こんなに長く更新できなかったのは久しぶりです。
何度か覗いてくださったり、心配してくださっていた方がいらっしゃったら、申し訳ありません。

最近はかなり忙しく、日々の仕事をこなすので精一杯。
時間的にも体力的にも精神的にもまったく余裕がありませんでした。

でもその中でもいろいろな出来事、仕事、ハプニング などなどいろいろとあり、
たくさん考えたり、悩んだり、わかったり、わからなくなったり、悲しんだり、喜んだり…
いろいろありました。

そして自分をとりまく環境や、自分自身の考え方も少しずつ変わろうとしています。
苦しいときも多いけど、いい意味で、変化のときなのだと思っています。

そんななかで、感動するできごとがありました。



アルバイト先で出逢った方から、おばあさまのバースデイケーキのご注文をいただきました。
ちょうどお誕生日の頃にご実家に帰られるので一緒に召し上がるとのこと。

しかも、ご本人がヴィーガンになったということを、そのケーキを召し上がりながら
にご家族に打ち明けられるとのことでした。

なんて大役!



内容はおまかせ ということで、どんなケーキがいいのかすごく悩みました。

ご家族はヴィーガンのケーキはおそらく召し上がったことがないだろうと思い、
あまり違和感なく食べられそうな、フランボワーズを生地にちりばめた
ガトーショコラをお作りさせていただきました。

うっかり写真を撮り忘れてしまい、ご紹介できないのが残念ですが…



無事発送したものの、うまい具合に焼けていただろうか、ご家族のお口に合っただろうか、
お話はうまくいっただろうか…
と余計なことまでいろいろ気になっていました。



後日、そのお客さまからメールが届きました。

とっても感激したので一部ご紹介させていただきます。

『ケーキとどきました!みんなでおいしくいただきました。
いつものものより甘めにしていただいたとのことで、
かなり味覚の濃い秋田県人でも抵抗がなかったらしく(笑)、
うまいうまいと大好評でした。
これ牛乳も卵も使ってないの?という言葉を聞いた時には
自分が作ったわけでもないのに嬉しかったです。
卵なしにスポンジができるということが驚きだったようで…
既成品とは違う、手作りならではの味で、しばらくこういう味を味わったことがなかったね、
という話をしました。
出来上がったものを買ってくるばかりで、お菓子を作るっていうのがなかったね、と。

手作りに頼らざるを得ない(という言い方も変ですが)ヴィーガンですが、
それはとても大切なことなのではないかと改めて思っています。

本当にすてきなケーキをありがとうございました。
ベリーの酸味がちょうどよく、本当においしかったです。』


ケーキを喜んでいただけたこと、手作りのよさを感じていただけたこと、
そしてそのような素敵なお話をするきっかけを提供できたこと…ほんとうにうれしく思います。

このようなメールをいただけて、自信になったというか、自分の仕事をすごく誇らしく思えました。

ちなみに、ヴィーガンとなったことについても、ご家族に納得していただけたそうです。


このようなすばらしい機会をあたえてくださったことに感謝して、
これからも もっともっとたくさんの方によろこびを感じていただけるスイーツを
作りつづけたいと思います。
[PR]

by ki-mi-do-re | 2008-09-04 21:18 | できごと・その他  

<< 運命の再会とライオンキング うれしいこと >>