しあわせ

とうとう今年もあと1ヶ月をきってしまった…
毎年この時期になると、『今年もあっという間だったなぁ』と思うものだけど、
今年は今までの比にならないくらいそう思う。
そして、この年末はわたしにとってとても大きな変化がある。


            仕事をやめる。


約2年続けた今の仕事。
カフェの店長。
それがなくなるということは、わたしにとって、とてつもなく大きい。

今後のステップアップのために自ら選んだ道なので、
今までできなかったことをできるということに対する期待はすごくある。
あれもして、これもして…と夢はふくらむばかり。


でも、店をやめるということは、すなわちたくさんの別れを意味する。
今までこの店で本当にたくさんの出会いがあった。

週に何度も来てくれるお客さん。
来るたびにいろいろな話をしてくれるお客さん。
それほど頻繁に来てくれるわけではないけれどなぜか印象に残っているお客さん。

実際に店で働けるのはあと半月くらいなので、
最近は常連さんを中心に年末で卒業することを伝えている。
実際に言葉にすることで、もうすぐ自分がこの場所に立たなくなるのだということを実感する。

先週末は、偶然にも常連さんが多く、
しばらく会ってなくて『このまま挨拶できずにやめることになったら嫌だなぁ』
と思うお客さんも何組か来てくれたので、伝えることができてよかった。

もう会えなくなるのだと思うとさみしいけど、今年いっぱい、という話を聞いて、
残念そうにしてくれたり、優しい言葉をかけてくれたりすると、とてもうれしい。

何組かのお客さんは、『年末までにまた来ます』と言ってくれた。
忙しい中、時間を作ってわたしに会いに来てくれようとしているのだと思うと本当にうれしかった。

あるご夫婦はわたしの人柄をすごくほめてくださった。
それはもう、ほめすぎだというくらいに。


つくづく自分はしあわせだなぁと思う。


やりたい仕事ができて、
経験もあまりないのに店長という大きな仕事を任せてもらえて、
毎日仕事が楽しめて、
いろんなお客さんやスタッフと出会えて、
別れを惜しんでくれる人がいる。


ほんとうに、しあわせだと思う。


この間、幸せとは達成感(やりがい)を感じられることである という話を聞いた。
確かにそのとおりだと思う。

大げさかもしれないけど、いまの仕事はわたしにとって生きがいである。
それくらい全力投球してきたつもりだ。
まだまだやるべきこと・できることもあっただろうけど、自分なりに『がんばった』と言える。

また、友達のmarieさんが、二人でお茶したときに、
「『自分はしあわせだ』って思えることを、しあわせだと思う」と言っていた。
わたしも本当にそう思う。


26年間生きてきた中で、いまが一番しあわせだと実感している。
いま、わたしの周りにいてくれる人たち、環境、すべてのことに感謝の気持ちでいっぱい。


               ありがとう


これからも、いろんなことに挑戦しながら、ますます自分らしく、しあわせを感じながら生きていきたい。
[PR]

by ki-mi-do-re | 2007-12-13 02:58 | おもうこと  

<< 無事終了! コラボ >>