9ヶ月・まさかの入院 <前編>

4月の末に、とうとう9ヶ月に入りました。

c0154637_17323177.jpg

9ヶ月に入った日☆
相変わらず小さめでみんなに驚かれてました(^_^;


8ヶ月に入ってすぐは、体調不良に悩まされていましたが、
後半からは体調も落ち着き、
げっそりした顔もすこし戻り、
自分の中ではかなり元気に過ごせるようになっていました。

不調が長かったぶん、今まででいちばん元気かも!
と思えるくらい、身体も動くようになっていました。

「あっという間に9ヶ月か~、
もし早めに生まれたらあと1ヶ月ちょっとなんや!」
と今さらながら気づき、
まだ揃っていないベビーグッズや
部屋の準備にとりかかろうと思っていた矢先に・・・

なんと入院することになってしまいましたーーー!!!


もともと4月の健診で、
「胴体がすこし小さめですね・・・
 もしこのまま成長が止まったり、大きく遅れるようならば、
 入院での管理が必要になるかもしれません」と言われていたまるちゃん。

とはいえ、わたしの体格では
そんな大きい赤ちゃんにはならないだろうし、
自分自身がかなり小さめ(2,300g)で生まれたけれど
何の問題もなかったということもあり、
「ちょっとゆっくりなだけで、そのうち大きくなるやろ~。
 頭や脚がふつうで胴体だけ細いって、荒木くんに似てるんやー!笑」

なんて、あまり深刻にとらえず、のんきにかまえていました。


ところが5月12日の健診で、
「赤ちゃんは元気ですが、前回以上に差が広がっていて、
 胎児成長曲線から外れてしまっているので、
 安静と管理のために入院してください」との通告。

『子宮内胎児発育遅延』と診断され、
急遽翌日からの入院が決まりました。

まったく予想していなかった展開に、
相方とともに、ただただ動揺。。

「自宅安静ではだめですか?」と食らいついてみるも、
「成長ペースの差が開いてきているので
 定期的な管理が必要なレベルです」と許可してもらえず。。

仮に順調に大きくなって2,500gを超えるようで、
その他問題がなければ退院できるけれど、
そんなにペースが上がることはほぼないので、
たいていは出産までそのまま入院とのこと。

助産師さんに来ていただいて自宅出産を希望していたのですが
現状では難しいでしょう、と。。。

仮に入院することになっても、1~2週間だろうと
軽く考えていたので、なかなか現実を受け止められませんでした。


まるちゃんのためには仕方ないと思いつつ、
退院するときはもう生まれているのかもしれないと思うと、
今まで2人でしていた些細なことや、
何気ない日常生活が、こんなにも幸せだったなんて。。
と気づかされました。

その夜は最後になるかもしれない恒例の写真撮影をして、
夜中まで2人で準備を整え、翌日バタバタと病院に向かいました。

c0154637_17343813.jpg

入院前夜。
2週間弱でけっこう大きくなりました☆


つづく。。。
9ヶ月・まさかの入院 <後編>へ
[PR]

by ki-mi-do-re | 2014-05-25 10:34 | 妊娠・出産  

<< 9ヶ月・まさかの入院 <後編> ありがとうございます!!! >>