雪の中のにんじん掘り

ずーーーーーっと、書きたい 書きたい と思いながら書けずにいたことをついに書きます。
とあるケーキのご紹介です。

…といっても、わたしが作ったものではなく、いただいたケーキです。

かれこれ1ヶ月近く前、わたしは誕生日を迎えました。
ちょうど関西に行っていたときで、友達がバースデーパーティーを開いてくれました。
かなりたくさんの方に声をかけてくれたみたいで、いつものなかよしメンバーだけでなく
そんなにゆっくりお話しする機会が今までなかった方も来てくださり、
とっても楽しいときを過ごすことができました。

解散後、泊めてもらっていたmarieさんの家へ。
そこで 思いがけない 続・バーステーパーティーが…

marieさんと彼女のパートナーJさん。(二人とも日本人です。念のため)
ふたりが計画してくれていたのです。

そこでいただいたのがこちらのケーキ。
テーマは『雪の中のにんじん掘り』。
構想・作 Jさん 補佐 marieさん だそうです。

なんとスイーツでにんじん掘りを表現してくれたのです!!

ちなみににんじんなのはわたしがにんじんだからです。(わかりづらくてすみません)


言葉で説明してもあの衝撃と感動は伝わらないと思うので 写真をどうぞ。
c0154637_854251.jpg















c0154637_8584838.jpg




















え――――っ!?
なんとビンの中に土と雪に埋まったにんじんがあるではありませんか!
『な に こ れ ―――!!!』


ほんとに抜けちゃうんです。にんじん。
ちなみににんじんはにんじんクッキーです。ディルが葉っぱ。
土が蒸しケーキで、雪は豆腐クリームです。
c0154637_912558.jpg





















さらになんとにんじんの中には…
c0154637_931975.jpg














 
食べるのがもったいないくらいかわいい うさぎさん型のにんじんクッキーがたくさん…!!!
ここまで手が込んでいるケーキ、生まれて初めて…

っていうか、これはもう芸術作品ですよ!!!
ほんとに。


c0154637_923539.jpg















ビンのふたには『ki-mi-do-Re』の文字。marieさん描。
ほんとうはビンのまわりにも描いてくれてたみたいなんですが、
なんとケーキを蒸すときにヒビが入ってしまったらしく、使えなくなってしまったそうなんです。
でもなんともびっくりなことに Jさんのおうちになぜかまったく同じビンがあったらしく(!)
それを使ってまた一から作り直してくれたそう…

仕事もある中で忙しかったはずなのに…
こんなに手の込んだスイーツをまた一から作り直すなんて…
出来上がったと思ったケーキをまた作り直さなければいけない、
その疲労感(とくに精神的な)を身をもって知っているからこそ、
そこまでしてくれたことが本当にうれしかったです。

何よりもわたしの誕生日に 何かしてあげたい、って思ってくれたふたりの気持ち。
こんな素敵なスイーツを考え、かたちとして表現してくれた熱意。
そもそもなぜスイーツを作ってくれたかというと、
『普段人にスイーツを作ることはあってももらうことはあんまりないだろう』
というJさんの心遣いからだったそうで、それを聞いて ほんとに ほんとにうれしかった。

味はもちろんおいしくて、それ以上にJさんとmarieさんの愛情が
痛いほどに伝わってきて、感動の嵐でした。


最近 お菓子を作る中でとても感じる、愛情や想いを込めるということ。
お菓子に限らないけど、込めたものは必ず相手に伝わるのだと思います。


Jさん、marieさん。
ほんとうにありがとう。

書くのがこんなに遅くなっちゃってごめんなさい。
忙しかったとはいえ、書こうと思えば書けるときはあったと思う。
でも あのときの感動をまた味わいながら、
ふたりの愛情をあらためて感じながら ゆっくりと書きたかったので。

いままさにあの感動がよみがえってきています。
とってもしあわせです。

あらためて ありがとう。
[PR]

by ki-mi-do-re | 2008-11-07 09:11 | できごと・その他  

<< おそばの会 最近出店したイベント >>